女神のスプリンター13話 ネタバレあらすじ パンプアップした脚で空缶クラッシュ

素っ裸の梅林先生が持っていた瓶に大量に射精をした浩太。
疑似セックスのような2人の行為に発情してしまった梅林先生が、射精したばかりの浩太のペニスを握って「今度は瓶の中じゃなくて・・・」と誘い出す。

 

 

梅林先生は全裸です^^ こんな保健の先生がいたら・・たまりまへんな~

 

しかし、射精した浩太はテストストロン値が下がり、フェロモンを発しなくなったせいか、急にモテない浩太に戻ってしまい、先生もセックスをするのを止めてしまう。

 

 

ヒミツで外出して射精をしたことを恭子に謝るが、誰かに手伝ってもらったことがばれてしまう。
絶対に許してもらえないと浩太は腹をくくるが、意外にも恭子はあっさり許してくれた。

というか、少し寂しげの恭子。

せっかく浩太の好みの筋肉質な脚に仕上げたのに、相手にされなかったのが残念なのか。
しかし、その筋肉質に仕上がったビーナスの脚を見たとたん・・

 

 

このシチュエーションたまんね^^ 勃起したチンポをグリグリと踏み始める恭子

 

 

浩太のチンコがピッムクッムクと反応を始める!

おもむろに短パンとショーツを脱いで下半身裸となる恭子。

脚の付け根から筋肉質のアスリートの脚が浩太の目の前に
そして浩太のチンコをグリグリと踏み始める・・

「気持ち良くて失神しないでね・・、踏みつぶしてあげる」

「あっ、そんな! 」

 

 

下半身裸でパンプアップした脚が力を入れて、空缶を踏みつぶしていく!

 

と驚かしながら浩太のチンコを見立てた190mlのコーヒー缶を地面に置き
その上に足をのせて段々と下に力を入れていく。

だんだんとパンプアップされていく脚の筋肉に見とれながら興奮していると
圧力に耐えきれなくなったコーヒー缶がベキッと潰れる!

その瞬間、まるで勃起したチンコが踏みつぶされたように感じる浩太
チンコはビクビクと反応していく。

コーヒー缶を踏みつぶす行為が浩太を興奮させていくのがわかっている恭子は
ガコッ、ベコッと次々にコーヒー缶を踏みつぶしていく。

浩太はたまらずパンツを脱いで恭子の踏みつぶす脚を見ながらシコシコとチンコをシゴキだす。

「きょ、恭子さん、オレもう・・・」

射精が近づいてくることを告げると、

フィニッシュは空き缶でなく中身の入ったコーラの缶を思いっきりメキメキと力いっぱい踏みつけると、ブシュと中身をまき散らしながらコーラの缶はクラッシュしていく・・

 

 

空缶をクラッシュしていく恭子に興奮MAX! 気持ちわかるな~

 

 

それと同時に浩太も射精をむかえる。

そこには女王様の視線でビクビクなる浩太を見下す恭子の姿があった。

 

 

このアングルで射精できるのサイコー! 最後は黄金水で〆て欲しいですね~

 

 

そして、禁欲生活4サイクル目に突入した浩太は、オナ禁6日目で男女の友達たちとカラオケに行くことに。

6日目はテストストロン値が上昇してくる日。女友達は浩太の男らしさにウットリしだし、その中の1人の女の子が浩太を誘い出す・・・。

つづきの14話はコチラ

 

コメントは受け付けていません。